独学でやっているクラシックギターがまるでかしこくならない

10代の頃から独学でやっているクラシックギターなのですが、ずいぶん賢くなりません。あきる時代といった面白い時代が規定度合でやってきて、長く続けることができないのです。但し、多少弾かないとまたやりたくなって数か月積み重ねるというのを何年もやる状況です。はじける曲は簡単な曲ばかりで回数曲しかありませんが、これすら完璧にはじけるかというとそうではありません。1曲で良いのでプロのように弾きたいという胸中があり、何年もやっています。クラシックギターとかMusicは将来をたくさんにしますよね。聴く側よりも自分で好きな曲を弾いてその曲に酔っぱらうことができれば、それは最高のストレス解消です。
一心不乱に進歩に集中するといった、無駄口を忘れ去ることができて目新しい気持ちで仕事をすることができます。また、進歩に進歩を重ねてはじけるようになったらやけに感動するのです。こういうキモチが忘れられないのでずーっと続けています。年齢を重ねるごとに嬉しいと思えるようなことはなくなっていきますが、クラシックギターは逆に年齢を重ねるごとに楽しくなって生じるように思えます。そろそろ一際多数進歩を通して多少なりともはじける曲を増やそうと思います。アルファードの査定をUPさせたい人は必見【知らないと損です】